人身事故の慰謝料請求

交通事故に合った場合、特に人身事故にあった場合には、どの程度の金額の慰謝料が貰えるのかがとても重要になってきます。人身事故の慰謝料自体は、交通事故によって怪我をしてしまった治療費はもちろんの事、怪我をしてしまった場合の精神的苦痛に対しても支払われるようになっています。実はこの人身事故の慰謝料は3つに分類されています。

一つ目は入通院慰謝料です。入通院慰謝料は、交通事故が原因で入院や退院後も通院が必要になった場合に支払われる慰謝料で、長い期間肉体的、精神的な負担に対しての迷惑料的な扱いの慰謝料になります。

二つ目は後遺障害慰謝料です。この後遺障害慰謝料は、交通事故によって治癒しないまま残ってしまった機能障害、神経症状などの症状にたいして支払う慰謝料になります。後遺障害には、症状の軽いムチ打ちから症状の重い手足が無くなってしまったり、動かなくなってしまうような症状まで含まれます。

三つ目は死亡慰謝料です。事故にあった人が死んでしまった場合に、遺族に支払われる慰謝料になります。死亡慰謝料は、亡くなった方ご本人に対する慰謝料に加えて残された遺族に対する慰謝料の2つに分類されます。

事故は有ってはいけない物ですが、これだけ多くの方が車やバイクを使用していると、いつ被害者になってしまうかわからりません。そこでこちらのページでは、人身事故の被害に遭う前に、人身事故の慰謝料請求方法など、事故に遭ってからの必要な事をまとめてみました。