慰謝料を上げる方法

交通事故の慰謝料はできるだけ高く支払ってもらいたいというのが、事故にあった方の心のうちだと思います。事故にあった経験や、怪我などを無くす事はできませんが、心と体の傷を癒すために慰謝料が存在しています。その為、慰謝料を引き上げる事は今後の人生にとても重要になってくるのです。

慰謝料を引き上げる為に最も効果的なのは、過失の割合を討論する事です。交通事故の慰謝料を請求する時には、追突事故のような100対0場合を除いて、加害者と被害者の両方に過失が存在します。基本的に慰謝料は過失の割合の分しか支払いませんので、相手の過失をどれだけ増やせるのかが慰謝料の金額を大きく左右してきます。保険会社は被害者の方の過失をだいぶ高めの割合を提示してきますので、この提案に対して被害者が反論をすることで自分の過失割合を下げる事ができます。

過失割合を下げる交渉方法としては、判例タイムズ社の発行する交通事故判例タイムズを例に出して話し合いを進めるのがおすすめです。この交通事故判例タイムズは裁判書でも参考にする資料ですので非常に説得力があります。交通事故判例タイムズは買わなくても図書館にありますので、自分の事故例と似ている部分をコピーするだけでも大丈夫ですので、ぜひ参考にしてください。