個人で交渉していても

交通事故の慰謝料を請求する場合には、弁護士に依頼する事をご紹介しましたが、弁護士に依頼しなくてもある程度の戦いをする事ができます。無料の弁護士との相談をして、慰謝料の相場を聞いたり、相手の出してきた慰謝料の内容を確認してもらって、訂正する部分や正しい数値などの算出してもらう事で素人でもしっかりと対決する事ができるのです。

弁護士には最初に依頼する場合と、途中から依頼する場合があります。基本的には最初に依頼する方が、すべてをお任せする事ができますので、簡単で安心できると思いますが、中にはとことん保険会社と話し合っても思い通りの結果が得られないような場合などは、最後の最後で弁護士に依頼するような場合があります。

最後に弁護士に依頼する場合には、そこまでの苦労が水の泡に思われるかも知れませんが、金銭的にもプラスがあります。弁護士は成功報酬ですので、弁護士が介入したことでどれだけプラスになったかによって報酬が変わってきます。例えば、話し合いで100万円だった所が弁護士が入ってくれた事によって300万になった場合には、差額の200万円に対して報酬が発生しますので、全くの無駄にはなりません。自分で示談交渉を行っている方でも最終的に弁護士に依頼するメリットがあるという事です。

慰謝料を上げる方法

交通事故の慰謝料はできるだけ高く支払ってもらいたいというのが、事故にあった方の心のうちだと思います。事故にあった経験や、怪我などを無くす事はできませんが、心と体の傷を癒すために慰謝料が存在しています。その為、慰謝料を引き上げる事は今後の人生にとても重要になってくるのです。

慰謝料を引き上げる為に最も効果的なのは、過失の割合を討論する事です。交通事故の慰謝料を請求する時には、追突事故のような100対0場合を除いて、加害者と被害者の両方に過失が存在します。基本的に慰謝料は過失の割合の分しか支払いませんので、相手の過失をどれだけ増やせるのかが慰謝料の金額を大きく左右してきます。保険会社は被害者の方の過失をだいぶ高めの割合を提示してきますので、この提案に対して被害者が反論をすることで自分の過失割合を下げる事ができます。

過失割合を下げる交渉方法としては、判例タイムズ社の発行する交通事故判例タイムズを例に出して話し合いを進めるのがおすすめです。この交通事故判例タイムズは裁判書でも参考にする資料ですので非常に説得力があります。交通事故判例タイムズは買わなくても図書館にありますので、自分の事故例と似ている部分をコピーするだけでも大丈夫ですので、ぜひ参考にしてください。

弁護士に依頼する

交通事故にあってしまった場合には、相手の方に車の修理代などの物損部分と、怪我をした治療費用、その他の慰謝料を請求する事になります。以前は事故の当事者同士が示談交渉を行った上で慰謝料などを貰っていましたが、最近では、任意保険に加入していると、その示談事故解決の担当者が当人の代りになって話し合いを行ってくれますので、保険会社にお任せする事になります。

もし仮に、自分が車などの乗っていなかった場合には、相手の保険会社の担当者と自分で話し合う事になります。そういった場合には、相手が提示してくる内容が本当に正しいのか分からなくなってしまいますので、こちらの専門家の力を借りる必要があります。そういった場合には、弁護士に示談交渉を依頼する事になります。

弁護士にツテが無いような場合には、日本弁護士連合会のホームページから弁護士を探して以来するようになります。また、無料の相談会などで弁護士に相談して、弁護士を紹介してもらうという方法があります。どちらにしても、怪我が治っていなかったり、仕事が忙しい方の場合には、弁護士に間に入ってもらうのは必要になると思います。最近では成功報酬で動いてくれる弁護士も増えてきましたので経済的な負担は少ないと言えます。

人身事故の慰謝料請求

交通事故に合った場合、特に人身事故にあった場合には、どの程度の金額の慰謝料が貰えるのかがとても重要になってきます。人身事故の慰謝料自体は、交通事故によって怪我をしてしまった治療費はもちろんの事、怪我をしてしまった場合の精神的苦痛に対しても支払われるようになっています。実はこの人身事故の慰謝料は3つに分類されています。

一つ目は入通院慰謝料です。入通院慰謝料は、交通事故が原因で入院や退院後も通院が必要になった場合に支払われる慰謝料で、長い期間肉体的、精神的な負担に対しての迷惑料的な扱いの慰謝料になります。

二つ目は後遺障害慰謝料です。この後遺障害慰謝料は、交通事故によって治癒しないまま残ってしまった機能障害、神経症状などの症状にたいして支払う慰謝料になります。後遺障害には、症状の軽いムチ打ちから症状の重い手足が無くなってしまったり、動かなくなってしまうような症状まで含まれます。

三つ目は死亡慰謝料です。事故にあった人が死んでしまった場合に、遺族に支払われる慰謝料になります。死亡慰謝料は、亡くなった方ご本人に対する慰謝料に加えて残された遺族に対する慰謝料の2つに分類されます。

事故は有ってはいけない物ですが、これだけ多くの方が車やバイクを使用していると、いつ被害者になってしまうかわからりません。そこでこちらのページでは、人身事故の被害に遭う前に、人身事故の慰謝料請求方法など、事故に遭ってからの必要な事をまとめてみました。